月刊「創」のご案内


試し読み

ご購入はこちら

紙版

電子版

【特集】街の書店が消えてゆく

◆〈座談会〉......柴崎繁×清田義昭×長岡義幸
 書店が消えるのは文化が消えること

◆日書連事務局長インタビュー
 書店がこれから生き残る道は......石井和之

◆本屋さんがなくなっていくのは作家としてすごく悲しい
 本屋の娘に生まれた私が思うこと......林真理子

◆昨年惜しまれながら閉店した幸福書房はその後
 元店主が語る幸福書房〝閉店後〞......岩楯幸雄

◆書店業界の論客・ジュンク堂書店難波店店長の提言
 アマゾンの侵食とリアル書店の反撃......福嶋 聡

◆コミックのデジタル化が急進展するなかで
 コミック専門店の相次ぐ閉店事情......長岡義幸

◆本屋さんウォッチャーが最新レポート
 ブック・イベントを見て、廻って、思うこと......どむか

◆敢えて大取次でない仕入れルートを確保して運営する書店も
 模索する街の書店の独自の取り組み......長岡義幸


◇「あいちトリエンナーレ2019」はどうなる⁉
 「表現の不自由展・その後」再開へ向けた最後の攻防......篠田博之

◇〈座談会〉障害者殺傷事件から3年......尾野剛志×大坪寧樹×渡辺一史
 相模原事件被害者・尾野一矢さんめぐる大きな取り組み

◇犠牲者の「実名」は必要なのか(続)
 「京アニ」事件報道の検証と報道評議会の設立を......浅野健一

◇8・2死刑執行に抗議する
 この夏、処刑前日に届いた庄子幸一死刑囚の最後の手紙......菊池さよ子


試し読み

ご購入はこちら

紙版

電子版

【特集】「表現の不自由展・その後」

◆「脅迫すれば表現をつぶせる」という前例にならないか
 中止事件がもたらした深刻な問題......篠田博之

◆実行委員当事者が語る「表現の不自由展・その後」
 表現の価値とは何か......アライ=ヒロユキ

◆ニコンサロン元慰安婦写真展に続きまたも中止
 受け手の権利も侵害された......安世鴻/綿井健陽

◆「遠近を抱えて」30数年にわたるテーマとは...
 「天皇批判で燃やした」なる誤解......大浦信行/篠田博之

◆美術をめぐって何が問われているのか
 「表現の不自由展・その後」中止を考える......中垣克久

◆「平和の少女像」の隣に座って見える光景とは...
 作品を置き去りにした議論......岡村幸宣

◆街に出て動かず自分たちがオブジェになる
 消されてしまったマネキンフラッシュモブ......朝倉優子

◆「九条俳句」掲載を認めさせた市民運動の力
 展示再開へ向けた市民運動を......武内 暁

◆10年前から展示拒否や撤去は多発していた
 多発する美術作品の撤去・中止事件......武藤祐二

◆緊急シンポ第2部......金平茂紀×森達也×鈴木邦男×香山リカ×綿井健陽
 中止事件についてこう思う


◇『第2回公判に情状証人として出廷
 元五輪・岡﨑聡子薬物裁判で証言した「その人生は切ない」......篠田博之

◇竹内景助元死刑囚の長男の思いは...
 三鷹事件不当決定にさらなる闘い......編集部

◇犠牲者35人のうち20人は匿名希望なのに
 京アニ事件犠牲者の「実名」は本当に必要か......浅野健一

篠田博之(『創』編集長)

定価:本体1500円+税 

ISBN 978-4-904795-58-3

 

皇室タブーを初めて正面から取り上げた衝撃の書!1961年、右翼少年による刺殺事件が出版界を恐怖に陥れ、深沢七郎さんの小説「風流夢譚」は封印された。その後50年を経て、封印は解かれつつあるのだが、果たして出版界は皇室タブーの呪縛から逃れられているのだろうか。皇室を扱った表現がその後も回収や差し替えにあっている現実をたどることで何が見えてくるのか。改元と天皇の代替わりが単なるお祭り騒ぎだけで終わろうとしている現在、象徴天皇制とは何なのか、改めて考えてみたい。


試し読み

ご購入はこちら

紙版

電子版

【特集】再審をめぐる攻防

◆〈座談会〉......木谷明×白取祐司×江川紹子
 大崎事件再審めぐる最高裁決定の暴挙

◆「竹内景助元死刑囚の長男にインタビュー
 三鷹事件の70年に及ぶ無実を求める闘い......篠田博之

◆主な再審裁判の経過を一挙報告
 再審の"一進一退"と再審法改正......今井恭平

◆布川事件冤罪被害者の証言
 冤罪被害当事者が声をあげなければ......桜井昌司

◆長男が近著で描いた林家の家族とは
 和歌山カレー事件集会に林眞須美死刑囚が寄せたメッセージ

 

【特集】オウム元死刑囚の妻たち 

◆新實智光の遺品の日記を全て読んでわかったこと
 夫は最期はオウムと決別していた......新實ユリ

◆土谷正実は死をもって償おうと堅く決意していた
 サリン被害者に夫に代わって詫びたい......土谷カナ

◇『皇室タブー』刊行を機に考える
 封印されていた小説の復刻と「皇室タブー」の現状......篠田博之

◇テレビ界も含めて問われているものは大きい
 ジャニーズ事務所と吉本興業の激震

◇死刑確定後、精神的に追いつめられているという
 控訴を取り下げた山田死刑囚の近況


試し読み

ご購入はこちら

紙版

電子版

死を覚悟しての犯罪にどう対処するか

◆引きこもりは若者問題といった括り方の誤りも浮き彫りに
 事件の連鎖と引きこもりへの誤解......斎藤 環

◆「家族会」広報担当理事が行政の対応の遅れと誤りを批判
 川崎殺傷事件と引きこもりへの偏見......池上正樹


【特集】相模原障害者殺傷事件3年

◆植松被告に一問一答
 植松聖被告がつづったこの3年間

〔訂正〕「植松被告が手紙につづったこの3年間」のP35中段後ろから3行目で正しくは《「希望」という漢字》とあるべきところが《「希望」という「感じ」》と誤植になっていました。お詫びし訂正します。

 

◆[座談会]やまゆり園など施設の実態は
 相模原事件で語られない施設の現実......井上英夫×渡辺一史×佐久間修


【特集】映画『主戦場』めぐる攻防 

上映中止を求め提訴に至った経緯

◆NY在住のドキュメンタリー映画監督が語る
 米国から見た『主戦場』と慰安婦問題......想田和弘

◆[対談]『主戦場』めぐる応酬で気になることは
 ドキュメンタリーは野蛮だと認識を......森達也×綿井健陽


◇警察署の面会室で本人と話した内容は...
 元体操五輪・岡崎聡子さん薬物逮捕と治療への決意......篠田博之

◇性暴力被害者の特別手記
 生き延びた私に、新しい社会を見せて......池田鮎美

◇寝屋川事件の控訴取り下げ無効の申し立てはどうなる
 山田元被告の死刑めぐる異例展開......篠田博之


試し読み

ご購入はこちら

紙版

電子版

◆大きな反響を呼んでいる映画『主戦場』とは

 『主戦場』『沈黙』と慰安婦タブー

◆パリ人肉事件の兄と介護する弟のドキュメンタリー
 『カニバ』に描かれた佐川一政の近況......篠田博之

◆この映画は果たして無事に公開できるのか
 『新聞記者』が描く国家の闇vs記者......河村光庸

◆「家族って良いよね」それを伝えたい
 『長いお別れ』が伝える家族の姿......中野量太

◆東宝、東映、ワーナー ブラザース ジャパンなどの戦略とは
 アニメ隆盛、日本映画界の現状と行方

◆民放各局の多種多様な映画事業の実情は
 最大の映画製作会社テレビ局の映画事業


◇寝屋川中学生殺害事件元被告の最後の獄中手記!
 私が控訴を取り下げた理由とその夜に起きた一部始終......山田浩二

◇植松被告と2年間接見してきて最近感じること
 相模原事件・植松聖被告の気になる変化......篠田博之

◇被害者支援の現場から見た実感は...
 性犯罪4つの無罪判決が浮き彫りにした問題点......小川たまか

◇確定死刑囚と「家族」になることの意味
 木嶋佳苗死刑囚と週刊新潮デスクの結婚

◇メディアと当事者の溝を埋めるために
 「LGBT報道ガイドライン」作成の思い......奥野斐/藤沢美由紀

◇和歌山カレー事件から20年余を経てなぜ長男は...
 林眞須美死刑囚の長男が語ったこと......篠田博之


試し読み

ご購入はこちら

紙版

電子版

◆『コロコロコミック』『ちゃお』

 児童誌のゲーム、アニメとの連動

◆『ジャンプ』『マガジン』『サンデー』
 少年マンガ誌三者三様の行方

◆集英社が『マンガMee』立ち上げ 
 女性マンガの映像化とデジタル化

◆『空母いぶき』『キングダム』など期待作が
 実写映画で青年マンガに期待

◆LINEマンガ含め各社のデジタルコミックの現状は
 拡大するマンガのデジタルとライツ

◆フジテレビ、テレビ東京のアニメ戦略とは...
 アニメ市場拡大とテレビ局アニメ戦略

◆『「なろう系」と呼ばれるweb上の小説のコミカライズ
 コミカライズとKADOKAWAの戦略

◆「海賊版」をめぐる迷走の内幕
 「暴走」の末に頓挫した海賊版対策......川本裕司


◇寝屋川中学生殺害事件被告手記(続)
 死刑を宣告された私の近況と逮捕をめぐる経緯......山田浩二

◇『DAYS』性暴力事件をめぐる経過報告
 『DAYS JAPAN』広河隆一さんの性暴力問題を考える......篠田博之

◇被害から25年目の今、性犯罪受刑者との対話を望む
 性暴力被害者の私が、なぜ加害者との対話を求めるのか......にのみやさをり

◇同性愛差別が続く社会で起きた事件と波紋
 一橋大学アウティング裁判が社会に投げかけた問題......奥野斐


試し読み

ご購入はこちら

紙版

電子版

◆[座談会]矢崎泰久/佐高 信/篠田博之
 タブーに挑み続けた岡留安則さんの死を悼む

◆[座談会]川端幹人/神林広恵/西岡研介/曽我部健/常松裕明/飯田久美子
 『噂の眞相』元スタッフが語る岡留安則元編集長の"眞相"

◆再録[座談会1]矢崎泰久/岡留安則/篠田博之 
 マイナー系雑誌とジャーナリズム

◆再録[座談会2]矢崎泰久/椎名 誠/岡留安則
 激論!『噂の眞相』休刊の真相


特集【広告界の徹底研究】

◆クリエイターが語る「広告」という仕事
・2人の大事な方が亡くなった......佐々木宏
・広告の景色が変わった。......黒須美彦
・広告と音楽の連携......澤本嘉光
・「それなりに」おもしろいを目指したい......福里真一
・人生にとって大きな転機......篠原 誠
・広告は独断と偏見で作る。......山崎隆明
・両岸を旅する。......箭内道彦
・ファミマはメディアだ......権八成裕

◆変貌する広告会社の現状
・広告界のガリバー 電通の新たな取り組み
・博報堂「100年生活者」とシニアビジネス
・ADK、大幅な組織再編の狙いと意味するもの
・渋谷大規模開発と東急エージェンシーの取り組み

◇『DAYS JAPAN』元発行人手記
 「性暴力」について謝罪し30年遅れで学ぶ......広河隆一

◇寝屋川中学生殺害事件被告手記
 死刑を宣告された瞬間は現実を受け止められなかった......山田浩二

◇新聞労連の抗議声明で大きな問題に
 東京新聞・望月記者への官邸の圧力めぐる波紋......篠田博之


試し読み

ご購入はこちら

紙版

電子版

◆カルロス・ゴーン前会長逮捕スクープの背景は...
 朝日新聞「統合編集」体制の強化

◆「読売新聞オンライン」が2月にスタート
 読売新聞「紙とデジタル」で舵切り

◆この春には大幅な組織改革も予定 
 毎日新聞「過去にない大改革」大詰め

◆今年も日経電子版のリニューアルを...
 日本経済新聞デジタルファースト推進

◆社内での呼称は「産経新聞アンリミテッド(仮)」
 産経新聞が準備進める新しい電子媒体......道田陽一

◆デジタル化についても今年は本格的取り組み
 東京新聞が掲げる「権力監視と脱原発」


【シンポジウム】安田純平さん解放をめぐって
 ......安田純平/原田浩司/金平茂紀/綿井健陽/川上泰徳/野中章弘/南 彰
 戦場取材の意義と「自己責任」論

 

◇男女9人を殺害した犯行ツールはスマホとSNS
 座間事件・白石隆浩被告が面会室で語った犯行内容......今西憲之

◇安倍首相のサンゴ移植フェイク発言と報道の責任
 NHK『日曜討論』での安倍首相フェイク発言の波紋......横田 一

◇ドラマと映画の〝連動〟についてプロデューサーにインタビュー
 映画『七つの会議』とTBSのコンテンツ戦略......伊與田英徳


試し読み

ご購入はこちら

紙版

電子版

特集【出版社の徹底研究】

◆〈座談会〉......清田義昭×松田哲夫×篠田博之
 深刻不況の出版界をめぐる大きな動き

◆『転生したらスライムだった件』『はたらく細胞』大ヒット!
 講談社が進める「紙もデジタルも

◆児童向けの出版で次々と独自の展開 
 小学館『コナン』『学習まんが』好調

◆「マンガ王国」めぐる新しい動き
 集英社のコミック・女性誌・書籍......道田陽一

◆『新潮45』休刊など〝厳冬〟は続くが明るい話題も
 新潮社『大家さんと僕』大ヒット......長岡義幸

◆『週刊文春』は一つの局となり、デジタルや書籍出版も
 文藝春秋『週刊文春』とデジタル

◆『君たちはどう生きるか』で大躍進
 マガジンハウスが進めるデジタル化

◆創刊60周年の『女性自身』が健闘
 光文社の週刊誌と女性誌の行方

 

◇三田佳子さんの次男の薬物事件報告(3)
 高橋祐也君の執行猶予付有罪判決の投げた波紋......篠田博之

◇相模原障碍者殺傷事件の真相解明は...
 植松聖被告が獄中で書いた小説

◇玉城沖縄県知事の訪米同行取材報告
 辺野古基地建設をめぐる安倍政権と沖縄の闘い......横田 一


試し読み

ご購入はこちら

紙版

電子版

特集【テレビ局の徹底研究】

◆〈座談会〉
 環境激変で岐路に立つテレビ界......水島宏明×砂川浩慶×岩崎貞明

◆『チコちゃんに叱られる!』話題沸騰、深夜帯の取り組みも...
 NHKが描く次世代の公共放送

◆『news zero』リニューアル、ドラマ・バラエティの強化 
 首位・日本テレビのコンテンツ戦略

◆『下町ロケット』ヒット! G・P帯の視聴率は好調だが...
 ドラマ好調、TBSの次の課題

◆「月9」が好調! フジテレビは再浮上できるのか
 「月9」快走、フジテレビの今後

◆『相棒』『リーガルV』好調、次は『報ステ』のテコ入れ
 テレビ朝日大健闘の戦略と構造

◆『池の水ぜんぶ抜く』に続くヒットは『充電させてもらえませんか?』
 "独自路線"テレビ東京の試行錯誤


【「自己責任」論への対応はどうだったのか
 安田純平さん拘束と解放に至る舞台裏......安田純平×川上泰徳×原田浩司×綿井健陽

◇性犯罪厳罰化を求める社会の中で
 性犯罪で13年服役した男性が出所後つづった更生日記......樹月カイン

◇止められても土下座する被告に法廷は
 寝屋川中学生殺害事件法廷で見せた被告の行動......今西憲之

◇休刊に至った背景を発行人が語る
 『DAYS JAPAN』休刊の経緯......広河隆一


試し読み

ご購入はこちら

紙版

電子版

【特集1】安田純平さん解放
◆〈座談会〉バッシングは何をもたらしたか
 安田純平さん「解放」と戦場取材の意義......原田浩司×綿井健陽×安田菜津紀

◆中東現地取材をもとに真相を探る
 安田純平さん解放の舞台裏で何が進んでいたのか......川上泰徳

 

◇元オウム幹部の死刑執行についての独占手記 
 夫・新實智光に死刑執行がなされた日......新實ユリ

 

【特集2】どうなる『週刊金曜日』
◆眠れぬ夜を過ごした後、辞任を決意した
 『金曜日』編集委員を辞任した理由......佐高 信

◆編集長と発行人あわせて14年間かかわってきたが...
 『金曜日』存続のために奇跡を信じたい......北村 肇

 

◇女優・三田佳子さん次男の薬物事件⑵
 高橋祐也君保釈騒動の日に本人からかかってきた電話......篠田博之

◇責任追及に甘い大阪府警と記者クラブ
 富田林署逃走事件報道の検証
  ――なぜ「逃がした側」を責任追及しないのか......浅野健一

◇日本を岐路に立たせる「改憲」の行方は...
 沖縄県知事選惨敗で安倍政権「改憲」はどうなる!?......横田 一